home profile twitter photos works travel links

■旅行記

中国新疆ウイグル自治区旅行記

2011年11月7日(月) 第六日目 カシュガル市内観光(イードガーモスク、香妃墓、老城など)

mosque
↑イードガーモスク。

 昨日はカラクリ湖に行って寝たのが遅くなったので、起きたのが午前11時30分くらいだった。 8時間以上寝ていた。昨日の長い移動で疲れていたようだ。朝食を逃したので、支度をしてから外に出かけた。

 ホテルからイードガーモスクまで歩いて、前にあるレストランに入ってマントゥー6個とケバブ4本とナンを1枚注文した。 マントゥーは結構美味しかった。

mantu
↑朝食に食べたマントゥー。

restaurant
↑レストランの前で料理をする男。

 今日はカシュガル市内を観光しようと思っていたので、その後、タクシーを拾って香妃墓(アパック・ホジャ)に向かった。イード初日のためか、近いにも関わらず20元も取られた。香妃墓の前は、綺麗なポプラ並木になっており、観光客向けに馬車も走っていて、いかにもカシュガルという風情が漂っている。いくつか写真を撮影してから中に入った。

line
↑香妃墓の前の並木道。

children
↑写真を撮ってとせがむ子供達。

gate
↑香妃墓の入り口。

mosque
↑香妃墓。緑色が綺麗な霊廟だ。

minalet

↑柱の様子。

wall
↑深い緑色をしたタイル。

tombs
↑霊廟の横にはお墓が並んでいる。

mazar
↑別の角度からもう一枚。

prayer
↑敷地内にあった集団礼拝をする場所。

paint
↑天井には綺麗な絵が描いてあった。

street
↑香妃墓を出たところ。

street2
↑通行人に声をかける馬車。

street3
↑ポプラ並木を走る場所。

 香妃墓を見終わった後は、20番バスに乗って市内に戻り、旧市街を散策することにした。旧市街はアフガニスタンやパキスタンで見られるようなレンガを積んで泥を塗った壁の家が多く、見た目はアフガニスタンの郊外にある家とほぼ同じ作りだったので妙に親近感を感じた。但し、自由に歩き回れるところは全然異なる。

sheep
↑カシュガル市内を、羊を引き連れて散歩する男性。

sheep
↑羊を連れる男性。

bike
↑4人乗りバイク。

bazar
↑羊を売買するバザール。

man
↑ウイグル族の男性。

oldhouse
↑↑旧市街にあった家。どことなくパキスタンのラワルピンディ辺りで見た家に似ている。

children
↑路傍で遊ぶ子供たち。

oldhouse2
↑旧市街の家。

mosque
↑イードガーモスクの前にあるバザール。

 ザクロジュースを1杯飲んで、古い街並みを保存する為に観光地化された老城に入った。これは入って失敗だった。何故なら、老城の中にある家庭は周辺にある一般家庭とほぼ同じ家が並んでいるだけで、違う点と言えば道路が迷路みたいにくねくねとしていることだけだったからだ。ウイグル人を動物園の見世物みたいに扱っているように感じられて、あまりいい気持ちがしなかった。その上、歩いていると子供から「1元銭?」とお金をねだれることが多々あり、すぐに出ることにした。きっと古い街並みを行政が取り壊すという時に反対運動などもあって、入場料を取りながら保存する事に決めたのだろうが、あの中に住むウイグル人のメンタリティーは、それまでとは大きく変化してしまうだろう。

child
↑老城内で遊んでいた子供。

sepia
↑老城内の道路。迷路みたいになっている。

maze
↑老城内のある道。

 今日は少し疲れていたし、イードで待ちも閑散としていたので部屋でゆっくりしようと思って、ナッツ(5元)、クッキー(5元)、みかん(5元)、バナナ(9元)を買いこんでホテルに戻った。

sweets
↑バザールで売られるクッキー。

 夜8時直ぐになって晩ご飯を食べに出かけた。 午後の間じゅう、ずっと部屋にいたためか急に歩きたくなって、ホテルから色満賓館まで歩いたが、開いている中華料理屋がなかった。 ようやく1軒みつけて中に入った。青島ビール、炒飯、回鍋肉、麻婆豆腐を頼んでお腹いっぱいになるまで食べた。 46元。一人では食べきれず、また回鍋肉がそれほどおいしくなかったので半分以上残した。

 ホテルに帰ってから、明日タシュクルガンに日帰り旅行に行く事は可能かどうか聞いてみたら可能だと言う。 イード2日目だし車のチャーターをすると1500元かかると言われて、余りにも高いので悩んだが、もう一日カシュガルにいてもすることもないので行く事に決めた。




≪戻る(第五日目)  次へ(第七日目)≫

⇒ホームへ戻る

Copyright(C)2009 Kenta AOKI all rights reserved.